読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルーの文化を愛する窓屋の社長 高橋俊生

千葉県の習志野でお家やビルの窓を販売しています。(MADOショップ 習志野マラソン道路店) 住みやすいお家作りには窓選びも重要です。窓に関する事、趣味のことを書いていきます。(野球、高校サッカー、ペルー文化、トレーニング)

ラテンスタイルの誕生日パーティー!

こんばんは〜!

千葉県習志野市のサッシや総和の高橋です。

 

週末にコロンビアのアミーゴの誕生日パーティーに行ってきたんですけど、

その時のことをちょっと書いてみたいと思います。

f:id:tscristal23:20170409232515j:image

知り合いがほとんど皆無だったので、少し不安だった・・・!

今回はその友達が経営しているバーでの誕生日パーティーでした。コロンビアの友達の誕生日パーティーとはいえ、招待されている友達はペルー人が大多数を占めていて、あとは、ブラジル、ボリビアを中心とした南米出身者の人たちです。僕自身、そのコロンビアの友達以外に知っている人がほとんど皆無だったので、少々、不安だったんですが、とはいえ、サッカーの話を皮切りに片言のスペイン語での会話を楽しみました。そもそもが僕が日本人で、8回ペルーに行ったことがあると話をすると、それにビックリして、さらに、僕がペルーのサッカーユニを着ていて、サッカーの話をすると僕のペルーサッカー事情に詳しいことにもビックリします(笑)

f:id:tscristal23:20170409232658j:image

パーティー自体は夜の21時からで、僕は最初から参加しましたけど、南米の人たちは気ままなんで、深夜になるにつれて、徐々に友達がそのバーの方に来始めて、こじんまりとしてバーは通勤電車ほどでは無いにせよ、かなりの人でいっぱいになりました。

南米式の誕生日パーティーの特徴は?

今回はコロンビアの友達の誕生日パーティーでしたが、おそらく南米の誕生日パーティーは各国で多少の違いがあったとしても、ほぼ似ていると思います。その特徴を僕なりに3つ挙げたいと思います。

f:id:tscristal23:20170409232619j:image

①一つ目は南米の誕生日パーティーの特徴は、まず、友達を招待するのはもちろん当たり前ですけど、そこには家族の人たちもいますね。やっぱり、向こうは家族がありきで、その上で友達を招待するっていう感覚ですね。

②二つ目はその家庭で作った自慢の美味しいご飯を、たくさん作って、友達たちに振舞います。今回は他のペルー料理店で夕飯を食べてから行ったので、そんなに腹は減っていなかったのですけど、少しは食べないと失礼だと思って食べたら、これが抜群に美味しくて、美味しくて、もっと食べたいなった思うくらい美味しかった。

③最後の三つ目はとにかく大音量の音楽がずっと流れていて、その音楽に乗りながら踊りたい人は踊ってという感じです。最初は全員というよりは何人かで踊り始めるんですけど、そのうち時間が経つにつれて、盛り上がっていくと多くの人たちが踊り始めます。音楽はもちろんラテンミュージックですね。主にはドミニカやプエル・トリコを中心としたレゲトンです。このノリノリのレゲトンの大音量に乗りながらみんな踊るんです。

南米の誕生日パーティーは朝までやるのが当然ですけど、もう、若くないので朝までは持たず深夜、途中で帰って来ましたけど、南米の人たちと交流が持てて、しかも美味しいご飯も食べられて、楽しかったのは言うまでもありません。このバーのことは友達に聞いていたんですけど、今まで行ったことがなかったんです。昨日、コロンビアの友達も言っていましたけど、スペイン語で会話ができて勉強にもなるし、また、このバーに行ってみようと思います。

 

それでは、また〜!

 

昭和60年の高校野球は僕にとってすごく印象深いんです-残念だった東の横綱銚子商業-

おはようございます!

千葉県習志野市のサッシや総和の高橋です!

 

先日、昭和60年夏の甲子園決勝PL学園宇部商業のドキュメンタリー番組がやっていたんので、高校野球好きな自分としては当然見ていました。この昭和60年は僕にとってはすごく印象深いんです。そんなことを書いて見ました。

圧倒的な力で千葉県を制した銚子商業が東の横綱として甲子園へ!

この昭和60年は千葉県は戦前の下馬評で春の選抜に出場していたこれまた大型チームの東海大浦安、春の千葉県大会を圧倒的な力で制した銚子商業が甲子園の最右翼だろうと言われていました。僕は久しぶりに銚子商業に甲子園に行って欲しいなって思っていました。どうしてかといえば、この年の銚子商業は右の本格派片平投手に黒潮打線と言われた超強力打線で間違いなく、全国制覇もできるだけの戦力だと思っていたので、すごく期待していました。

f:id:tscristal23:20170408062920j:image

結局、千葉県大会も接戦は1試合もなく本当に圧倒的な力で千葉県を制しました。千葉県大会のチーム打率が489という驚異的な数字だったのを覚えています。で、甲子園へ乗り込むんですけど、下馬評では東の横綱銚子商業で、西の横綱がKKコンビのPL学園ということで、ぜひ、決勝でPL学園とやって欲しいなって。

いよいよ組み合わせ抽選です。そうしたら山口県宇部商業に決定。あ〜やだなって一瞬思いましたね。宇部商業は春の選抜にも出ていて2回戦でPL学園とやって敗れはしましたけど、すごくいい試合をしていたので強いなっていう印象がありました。

で、試合当日は雨。もちろんどちらも同じ条件なんで言いわけはできないけど、明らかに銚子商業のエース片平は雨の影響で制球定まらずに甘く行ったところを宇部商業の強力打線に痛打され、自慢の黒潮打線も宇部商業のエース田上に沈黙。東の横綱として臨んだ9年ぶりの甲子園で銚子商業史上初めての初戦敗退。

すご〜く期待していただけに、ショックもショック。寝込むんじゃないかなって思うくらいショックでしたね。名将斎藤監督にとっても結局、最後の甲子園になってしまった。

それでも歴代千葉県代表で一番強いチームは?と聞かれれば昭和60年の銚子商業と答えます!

物心ついた中で、自分自身は未だに千葉県代表で甲子園に出場したチームで一番強いチームはって聞かれれば、この昭和60年の銚子商業と答えますね。それくらい魅力的で強いチームだった、だからこそ、全国制覇をして欲しかったなって今でもそう思う気持ちは強いです。

最近は銚子商業も私学に押さ気味で、また地元の優秀な中学生は県内の強豪校や県外の強豪校に流出してしまうんですよね。残念ながら。いつの日か強い銚子商業が復活することを強く願ってますよ〜。習志野高校の最大のライバルはやっぱり銚子商業でいて欲しいです。

ガンバレ、CHOSHO !

先日、テレビを見ていて感じたことはそんなことです。

それでは、また〜!

歴代の東北勢の中で最も印象に残っている、大船渡高校、金足農業の活躍

おはようございます!

千葉県習志野市のサッシや総和の高橋です!

 

一昨日、昭和60年夏の甲子園決勝PL学園宇部商業のドキュメンタリー番組がやっていたんので、高校野球好きな自分としては当然見ていました。このドキュメンタリー番組を見ていて思い出したことを書いて見ました。前年の昭和59年の東北勢の活躍のことです。

この年は春は大船渡高校(岩手)、夏は金足農業が甲子園で大活躍!

昭和59年は僕は春の選抜、夏の選手権大会での東北勢の大活躍を鮮明に覚えています。春の選抜大会は東北からは2校で、東北大会チャンピオンの秋田県代表の金足農業と同大会準優勝の大船渡高校が春の選抜に出場しました。で、この春の選抜大会は岩手県代表の大船渡高校が大活躍。下馬評は決して高かったわけではないけど、好投手サウスポーの金野投手を中心として、非常にまとまりのあるチームでしたね。特によく覚えているのは準々決勝の高知・明徳義塾との試合です。結果は1−0で大船渡高校が勝利したんですけど、まさか大船渡高校が勝つとはと思っていたんじゃないかな〜って。結局、次の準決勝で優勝した岩倉高校に1−2で敗れたんですけど、高校野球ファンにはすごく印象深いチームだったのは間違い無いでしょうね。

一方、夏の大会、大活躍だったのは、選抜にも出場していた秋田県代表の金足農業です。選抜は大船渡高校の活躍で脚光をそれほど浴びなかったですけど、初戦を突破して2回戦は優勝した岩倉高校が相手。善戦虚しく4−6で敗れたけど、金足農業は強いなって印象を残したでしょうね。

金足農業で印象に残っているのは、何と言っても準決勝のPL学園戦ですね。8回に桑田選手にホームランを打たれる前までは2−1でリードしていたんですからね。あのPLに雑草軍団と言われていた金足農業が勝つのかって思っていたよね。でも、最後はさすがは逆転のPLです。結局、3−2でPLが勝利して、決勝へ進出しました。この年の金足農業は力強かったですね。投手もいいし、打線もよく打ちました。

今、一番印象深い東北勢のチームはって言われたら、この2チームと答えますね。それくらい、自分にとってはインパクトが強かった。金足農業も大船渡高校ももう一度甲子園の土を踏むことはできるのかですが、秋田県は公立中心で群雄割拠で、岩手県は私学全盛でしかも昨今、レベルはすごく高いですよね。

いつかこの2校がまた甲子園で見れることを期待しています。

ガンバレ、金足農業、大船渡高校!

 

それでは、また〜!

やっぱり誰と仕事をするかが大切なんだろうな〜!

おはようございます!

千葉県習志野市のサッシや総和の高橋です。

 

先日、戸建住宅でトップライト(簡単にいうとガラス屋根っていう感じ)の改修工事をやったんですけど、現地調査の時からどうやってやろうかということを何度も打ち合わせしたんです。

f:id:tscristal23:20170405202924j:image

そんなことから施工もおそらく大変だろうなって思ってましたが、僕が良く知っている職人さん達が力を発揮してくれました。そんなことを書いて見ました。

施工前はかなり不安要素があった現場でした!

さっきも言いましたが、現地調査の時からそうしたら簡単にできるか、どうしたらキレイにできるかということをかなり考えさせられた現場です。今夏にの現場は設計屋さんからの仕事でしたので、基本的にこちらで考えたことを設計屋さんに確認していくという流れでした。で、こちらとしてはいかに簡単に、キレイに、なるべくコストをかけずにということを基本に考えていたんですけど、設計屋さんにこちらの意見がなかなか理解してもらえず、ちょっとイラっときたこともありました(笑)最終的にはこちらの考えもわかってくれて、じゃあ、製品を手配しようかってなったんですが、それでも今回はうまく納まるかが不安でした(笑)

今までも何現場も一緒にやっている職人さんはやっぱり頼りになる!

いざ、工事の当日、立会いをするのに電車で行ったんですけど、そんな不安を抱えながらでしたから、少し憂鬱でした(笑)で、実際に現場に到着して職人さん達と簡単に打ち合わせをしてから作業に入ったんですけど、僕が思っていた以上にスムーズに現場は進みました。今回、この現場にはいつも僕の現場をやってくてれている職員さん達が入ってくれたので、そういう意味ではすごく心強かったんです。少し心配な現場ほど、そんなお互いの意思疎通がうまくいく職人さん達と仕事をしたいっていうのがあるので、この現場に来てくれた職人さん達はベリーグッドでした(笑)本当に頼りになるな〜って。

これからどんな仕事でも誰と仕事をするかが大事かなって思う!

今回、思ったのは、やっぱり、どんな仕事をするにしても誰と仕事をするかがものすごく大事になってくるかなって思います。

少し言い換えると、例えば、みんなが美味しいっていうパンケーキが食べられるお店があるとします。そこに行けば当然、美味しいパンケーキは食べられるけど、それ以上に誰と食べにいくかによってもっと楽しく美味しいおあんケーキが食べられると思うんです。仕事でもそうで同じ仕事をするにしても、結果は同じかもしれないけど、その誰とっていう部分が大事かなって思うし、それを大切にしていきたいですね。やっぱり、そんな人たちと仕事をしていた方が楽しいから。今回、その現場をやっていて感じたことはそんなことでした。

あっ、でも、この現場で途中足りないものが発生して、そのことばかりが気になって、途中、心ここにあらずって感じになっていたことはナイショです(笑)

f:id:tscristal23:20170406060458j:imagef:id:tscristal23:20170406060458j:image

 誰と食べる、誰と一緒に仕事をするってことを大切にしていきたいですね! 

それでは、また〜!

富山からのカワイイお客さん!

おはようございます!

千葉県習志野市でサッシや総和の高橋です! 

 

先週末に富山からカワイイお客様がきました!富山の親友ツトムっちとミチコちゃんの子供達が姉妹で北陸新幹線に乗って千葉に遊びに来てくれました。お姉ちゃんが小学校卒業するということで、子供達だけで千葉に来てくれたんです。そんな彼女たちが遊びにきてくれたこの週末のことを書いてみました。

f:id:tscristal23:20170404185117j:image

富山から子供達だけでくるということで少しドキドキ!

初めて子供達だけでくるということで、ちゃんと富山からこれるのかなって、こちらとしてもちょっとドキドキしていたんですよね。でも、今回、改めて実感したんですけど富山から東京まで乗り換えなしで、2時間少しで来ちゃうんですよね。北陸新幹線ができる前までは、富山から越後湯沢まで在来線の特急はくたかに乗って、越後湯沢で上越新幹線に乗り換えて東京ってなると4時間弱かかっていたんですよね。本当に便利になりましたよね〜。あっという間に到着しちゃいましたね。

富山の親友で家族ぐるみの付き合い!

元々はミチコちゃんは嫁の幼馴染で親友なんです。そんな関係でもう結婚してからというもののミチコちゃん家族とは仲良くしてもらってます。

f:id:tscristal23:20170404184806j:image

そんな関係なので、子供同士もめちゃめちゃ仲がいいんです。いつも富山に帰った時にはお家に遊びに行ったり、ご飯をみんなで食べに行ったり、富山近郊にみんなで出掛けたりと家族ぐるみのいい付き合いをさせてもらってます。僕にとって彼らは富山のオアシスっていう感じです(笑)

本当の兄弟のようなんだよな〜!

富山から来たお姉ちゃんと妹はそれぞれ個性的なんですけど、お姉ちゃんはやっぱり小学校卒業ともなるとすごくしっかりしているし、小さい頃を思い出すとホントにお姉ちゃん、お姉ちゃんになったな〜って。一方、妹の方は自由奔放というか、マイペースというかまだまだカワイイなって感じです。人見知りはある意味お姉ちゃんよりしないって感じですね。

f:id:tscristal23:20170404184422j:image

2人ともウチの子供達は本当の兄弟のように仲が良くって見ていて、すごく楽しいっていうのが伝わってくるんです。

また千葉へ来られ〜(富山弁)!

お姉ちゃんは中学校に入学して、部活動をするって言っていたので、これからはますます忙しくなってくるんだろうと思うんですけど、中学生になっても時間を見つけて、また、千葉へ遊びに来て欲しいですね。お姉ちゃんには、中学生になってもおじさんとお話ししてねって言っておいた(笑)苦笑いしてたけど(笑)

f:id:tscristal23:20170404184337j:image

とにかく、ウチの家族に笑顔を振りまいてくれた2人に感謝で〜す。

また、千葉に来られ〜!

あっ、今度は家族みんなで来られ〜!

f:id:tscristal23:20170404185134j:image

 

では、また〜!

 

 

 

お花見とは名ばかりで、花より団子なんです!

おはようございます!

千葉県習志野市のサッシや総和の高橋です!

 

先日の日曜日に普段現場で会う仕事仲間たちでお花見をしたんです。お花見と言いつつもみんな桜なんて全く見るそぶりも見せずに、食べて飲んでばかり(笑)そんなことを書いてみました。

f:id:tscristal23:20170404080431j:image

絶品焼豚から始まり、ビストロ タナ〜カの絶品イタリア〜ん!

 左官屋さんの社長の自宅の庭でお花見をしたんですけど、今回、お酒、お刺身、お魚、お肉、スイーツなどをみんなで持ち寄りました。

料理をするのは、電気屋さんのビストロ タナ〜カです。イタリアのミラノでのシェフ経験があって、特にイタリア料理の味にはうるさいです(笑)美味しければ、いつもBuono!(ボーノ)と連呼しています(笑)

 ビストロ タナ〜カが料理を作ってくれている間には、浦安のプルプル食堂の名物、炙り焼豚をおつまみ用として調達しに行きました。とろけるような食感、染み込んでいるタレなんてもうやばいくらいです。本当にやばいくらい美味しい。

ちなみに、↓こちらの人はビストロ タナ〜カではなく、左官屋さんの社長、スキンヘッド テラちゃんこと寺田さんです。

f:id:tscristal23:20170404080647j:image

で、そのおつまみ絶品焼豚やお刺身などをいただいている間にも、ビストロ タナ〜カが、今回はオマール海老があったので、オマール海老を絡めたパスタ、オマール海老のだし汁が十分すぎるくらい染み込んでいるリゾットにお手製のスモークチーズをクッキングをしてくれました。いつもながらの安定な美味しさでさすがだなって改めて思いましたね。

f:id:tscristal23:20170404080744j:image

みんな美味しいんだけど、特にリゾットとスモークチーズは絶品です。本当に絶品でした。

f:id:tscristal23:20170404080805j:image

そのあとも次から次へと美味しい料理が出てきて、みんな各々、ビール、や焼酎、氷結を飲みながらワイワイガヤガヤして楽しい時間を過ごしていきました。

でも、ふと気付きました!もっと桜を見ましょうよ!

この日は仕事の話はほどほどに、ホント、みんなでワイワイガヤガヤしながら少し寒かったお庭で過ごしていたんですけど、ふと、思いました。ん?誰も桜を見てないなって。ちょうど、お庭にかかっている桜の木はおそらく今週末が見頃じゃないかっていうくらいの状態だったのも確かにあると思うんですけど、それにしても今日の趣旨はなんなんだということを全く理解していない人たちばかり(笑)

危うくただのBBQなんじゃないかなっていうくらい。

みんな、もっと桜を見ましょうよ!僕みたいに(笑)

スキンヘッド テラちゃんこと寺田さんのお庭でのBBQ、あっ、いや、お花見は最高でした!

で、最後は寒くなって来たので、お家の中でまったりと…

まったりとしすぎちゃいました〜(笑)

f:id:tscristal23:20170404080920j:image

スキンヘッド テラちゃん、盗み撮りはやめてください。この時は別に寝てませんから(笑)一瞬、目をつぶっただけですから(笑)

 結論、花より団子より眠気(笑)

では、また〜!

 

 

肝心なことを書き忘れた!自分に喝!

こんにちは!

千葉県習志野市でサッシやをやってます総和の高橋です。

 

昨日、プロ野球がやっと開幕しましたってことで、我が千葉ロッテマリーンズの今年の注目すべきポイントを書いてみたんですけど、やってしまった〜。一番、肝心なことを書くのを忘れてたっていうことを書いてみたいと思います(笑)

地元習志野高校の英雄、福浦選手のことです!

 それは千葉ロッテマリーンズが誇る安打製造機福浦選手のことです。

福浦選手は地元も地元。千葉県習志野市出身で僕の大好きな習志野高校出身なんです(笑)習志野高校といえば阪神タイガースの掛布選手、中日ドラゴンズの谷沢選手、東京ヤクルトスワローズの元監督の小川監督など名だたる選手を送り出しています。

地元に愛されている習志野高校野球部!ブラバンは鳥肌もんです!

習志野高校は甲子園での成績も数は少ないんですけど、夏の出場8回のうち全国制覇2回、ベスト8が2回と素晴らしい成績を納めていて、千葉県ではものすごく人気があります。しかも、習志野高校はブラスバンドが全国的に有名で、野球というよりもそのブラバンの応援を聞くために球場を訪れる人も少なくないです。特にレッツゴー習志野というオリジナル曲は高校野球ファンだったら知らない人はいないくらいです。これを球場で生で聞いたら鳥肌もんです(笑)

すみません!習志野高校のことを語り出したら止まりそうもないので、福浦選手のことに話を戻しますね(笑)

福浦選手は習志野高校では今とは違ってピッチャーをやってました。結局、福浦選手がいた三年間では甲子園出場は叶いませんでした。で、1993年に千葉ロッテマリーンズからドラフト7位でピッチャーとして指名を受けたんです。入団後はしばらくピッチャーとして練習に励んでいたんですけど、三年目で肩を壊して、それから打者は転向して、その当時にコーチをしていた故山本功児さんに素質を見出されて、力をつけていったんです。

 

その後、2001年に花開いて首位打者を獲得します。バッティングホームはイチロー選手に似てましたね。それからというものの6年連続で3割という本当に精密機械ばりの安打製造機といったらいいでしょうか。素晴らしいバッターとして成長していきました。

その後は度重なるケガで徐々な出番が減っていくことになりました。それでも、やはり、安打製造機は健在で、ここぞという時には打ってくれる頼りになる選手に変わりはなかったですね。

そんな福浦選手もあと68本で2000本安打ということで、何が何でも今年、2000安打を達成してほしい。千葉ロッテマリーンズのバリーグ制覇には福浦選手の力は間違いなく必要だし、出場機会を与えれば勝利に貢献して、数多くのヒットを打ってくれることは間違いないと確信してます。

自分に喝だな(笑) 

ということで、昨日、たまたま同じサッシやさんの亀山社長とお友達の千葉ロッテマリーンズの大ファンの宇井さんから電話をもらった時に福浦選手の話が出て、今度、福浦選手のさいんマリンに行きましょうなんて言われた時に、興奮したのと同時に、あっ、書くのを忘れたと思い、サンデーモーニングでおなじみのハリさんこと張本さんから喝をもらったような気分だったことはナイショです(笑)

(いつもはテレビを見ながらハリさんに喝を入れてますが…(笑))

 

それでは、また〜!