読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルーの文化を愛する窓屋の社長 高橋俊生

千葉県の習志野でお家やビルの窓を販売しています。(MADOショップ 習志野マラソン道路店) 住みやすいお家作りには窓選びも重要です。窓に関する事、趣味のことを書いていきます。(野球、高校サッカー、ペルー文化、トレーニング)

SNSの勉強というより、リアルで会えたことが嬉しかった!

こんにちは!

 

昨日はA子ママこと下澤美香さんによるスマホde情報発信講座in名古屋に参加するために名古屋に日帰りで行ってきました。

 

SNSをビジネスに使うといっても・・・

僕自身はフェイスブックとブログを各々最低1投稿を目標にやっています。(できていませんが。)でも、毎日何を書いたら良いのかなって考え悩むっていうのが正直な所です。自分の場合、特にブログは家に帰ってから睡魔と戦いながら書くことが多くて、そのままソファで寝ちゃうこともあるんです。それじゃいけないんですけどね。

で、SNSをビジネスにどう使っていけばいいのかと言うことなんですけど、ビジネスにっていっても売り込み投稿はやっぱり敬遠されるだろうし、仕事のことばかりを書いていたって、どこぞの誰かもわからない人の投稿を見てくれるかっていったら、見てないだろうし、ほとんど見てもらっていないと思った方がいいと思うんです。

フェイスブックで投稿したり、ブログで投稿したからといってすぐに仕事に繋がるなんてことはあり得ないだろう。それでも見てくれる人は少ないにしても間違いなくいるとは思うんです。 もし見てくれる人が1人でもいればその人に向けて書けばいいと思うし、そこから気持ちの距離感を図って少しずつ近づけるように、広げていけばいいのではないかと思います。

f:id:tscristal23:20170214132959j:image

親近感を出すコツ!

そんなことで毎日投稿しようと思ってやっているんですけど、投稿するのはもちろんいいんですけど、いつもフェイスブック、ブログの書き方などアドバイスをくれる下澤さんや他に読んでくれている人たちからも読みづらいと言われるんですよね。文章が堅苦しいとかただの説明文になっているとか言い回しがくどいなどなど(笑)

まず、今意識してるのはその投稿に対して、その投稿を見た人がどう感じるのか、どう思ってくれるのか、どんな言葉を返してくれるのかということですね。で、親近感を持ってもらうことです。

親近感を出すには、まず誰に対して、日常的なことで何を伝えたいのか、どんな行動をとってほしいのかを意識すること。日常のことで共有できる人は誰ですか?そんなことを考えながらこれからも投稿していって、少しでもレベルを上げていきたいと思っています。とにかくただ闇雲に書くのではなくて、意識することが大切だと思うし、そうやって少しずつ向上していくのかなって思ってます。

f:id:tscristal23:20170214133135j:image

自分も周りも楽しんでもらえる投稿をしていきたい!

伝えること、情報発信に磨きをかけていかなければいけないんですけど、あくまで売り込みではなくて、日常的なことで何か共感してもらえるようなものを書きたいし、自分も周りの人たちにも楽しんでもらえるようなものを書いていきたいと思います。

昨日はたぶん僕が一番遠かったと思うんですけど、参加者全員初めて会った方達ばかりでした。といってもSNSでは繋がっていたり、繋がっていなかったとしてもフェイスブック上では見たことがある人たちばかりでした。それがリアルで会えるとなるとやはりテンションが上がるし、やっぱりウキウキしますよね。最近、本当にそういうことが多いんです。

今回、このような繋がるキッカケを作ってくれました下澤さん参加されたみなさん本当にありがとうございました。これからも自分自身楽しみながら投稿をして、なおかつ周りの人たちにも楽しんで喜んでもらえるような投稿にしていきたいと思います。

f:id:tscristal23:20170214133156j:image

せっかく名古屋に来たんだから食べて帰りたいなった思っていたけど、帰りの新幹線に乗り遅れそうだったから今回は断念!

名古屋の食文化を堪能したかったけどそれは次回のお楽しみです!

 

 f:id:tscristal23:20170214133517p:image

 

では、また!