読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルーの文化を愛する窓屋の社長 高橋俊生

千葉県の習志野でお家やビルの窓を販売しています。(MADOショップ 習志野マラソン道路店) 住みやすいお家作りには窓選びも重要です。窓に関する事、趣味のことを書いていきます。(野球、高校サッカー、ペルー文化、トレーニング)

プレミアム フライデーでちょっと考えたいこと!

仕事観

おはようございます!

プレミアム フライデーから感じたこと!

昨日はプレミアム フライデーでしたけど、どうでしたか?

そもそもプレミアム フライデーって政府や経団連が呼びかけていて、毎月最終の金曜日は15時で仕事を終えて、外食したり家族団欒の時間を持って少し豊かな週末を楽しみませんかみたいなものです。

f:id:tscristal23:20170225103144j:image

だけど、

ウチの会社は無理だな〜!ウチは中小零細企業だからムリだな!そもそも週休二日だって出来ていないのに!そんなの出来るわけないよね!

っていうような批判めいた意見がおそらくほとんどだと思うし、ほとんど盛り上がっていないですよね(笑)

自分の常識や染み付いた習慣の延長線上の思考を変えてみる!

僕自身も政府や経団連は何言ってんだよ!そんなのできるわけないだろうって思っています(笑)

人間の思考としては、なんでもそうだと思うんですけど、何か新しいことをやろうとする時って、今までの常識だったり、習慣が自分の頭の中に染み付いているので、延長線上でそんなの出来ないだろうって思っちゃうんですよね。

そもそも常識や習慣の延長線上で物事を考えていたら、何も変わらなしし、何の変化もないし、結局は新しいことなんてできないし、新しいことなんて生まれないと思うんです。

なので、このプレミアム フライデーがどうとかではないんですけど、新しいことをやろうとする時には、その辺の思考を変えて、今までの常識を疑ってみるとか、今まで非常識とされていたことに関してちょっと考えてみるとかしていく意識を持ちたいなって思います。

そうしないと何も新しいことはできない!

今年の会社の標語が、

実績や前例にとらわれず、『よりよく』を常に考えよう!

なんですけど、今までの自分の中に染み付いている考え方や習慣だったりというものにとらわれることなく、今までの非常識と言われていたことをちょっと考えてみるとか、

今までの常識と言われていることを疑いの目を向けて考えてみるとか、そんなことを意識して欲しいなって思います。

今回のプレミアム フライデーから感じたことを書いて見ました。

個人的にはこのプレミアム フライデーはあまり興味はないですけど(笑)

 

それでは、また〜!