読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルーの文化を愛する窓屋の社長 高橋俊生

千葉県の習志野でお家やビルの窓を販売しています。(MADOショップ 習志野マラソン道路店) 住みやすいお家作りには窓選びも重要です。窓に関する事、趣味のことを書いていきます。(野球、高校サッカー、ペルー文化、トレーニング)

大阪出張で会いたかった人に会って来た PART2

おはようございます!

千葉県習志野市のサッシ屋・総和の高橋です。

 

昨晩、大阪出張から帰って来ました。

色々とみなさんに大阪のグルメの情報をもらっていたので、それを堪能したかったのですが、それができなかったことだけは残念でした。

初めてリアルで会えるのは本当に嬉しいこと!

昨日の段上さんに引き続き、大阪に行ったら会ってみたいなという人がもう一人いまして、MADOショップ生野巽店(有限会社 大西商店)さんの店長・大西昭大(あきひろ)さんです。

昭大さんとは今まで一度も会ったことはありませんでしたが、かなり前に度々、僕の拙いブログを見ていてくれていたことがあって、全く昭大さんのことは面識もなかったのですが、思い切ってこちらからメッセージを入れてSNSで友達申請をさせてもらったところが始まりです。

それからSNS上でコメントのやりとりをさせてもらって交流をさせてもらっていました。

そんなことで、今回、大阪に行くチャンスがあったので、これは是非と思い、お店の方に行って昭大さんに実際にお会いして来ました。

やっぱり、SNS上だけの繋がりから、リアルで会えるって言うのはものすごく嬉しさがあります。本当にそれはすごく感じますね。

やはり、やるか?やらないか?しかないですよね!

で、実際に会って昭大さんと色々お話しさせてもらいました。

f:id:tscristal23:20170511095210j:image

MADOショップ生野巽店(有限会社 大西商店)さんは、お父さんが社長で現役バリバリでやられているのですが、現場はお兄さんと昭大さんが、事務方はお姉さんが切り盛りされているそうです。

色々と参考になったところはあるんですけど、その中で特に印象に残っていることは、一つ一つすごく細かいところまで考えて工夫をしながら、それを実行しているところですね。

お店の立地としては、私が見る限り決して恵まれているとは思えなかったのですが、その中で近隣の人たちに、どうしたらお店のことを知ってもらえるか、認知してもらえるか、どうしたら選ばれるお店になるのかなど細かいところまですごく工夫されていました。それを地道にやられていましたね。

やはりこれからのことを考えて試行錯誤しながらも、きちんと自分たちの立ち位置と向かう方向が明確で、話を聞いていてもすごくわかりやくかったです。

本当はもっと話をしたかったんですけど、それは今度は東京で続きはできればなって思っています。

とにかく、リアルで昭大さんと会えたことが一番嬉しかったことです。

昭大さん、本当に忙しい中、時間を割いてくれたこと感謝します。本当にありがとうございました。

 

追伸:

昭大さんのお父さんですが、最初にお邪魔する前に、

ウチの頑固おやじは要注意ですよって言われていたので、どんな人なんだろうと思っていたんですが、74歳にして現役で仕事をされていて、めちゃめちゃ元気で、その元気さとマシンガントークに圧倒されっぱなしでしたが、すごく楽しい方でした。

若輩者の自分に色々とアドバイスをしてくれましたし、ウチの先代と同じで、YKKAP信者でいろんなモノの考え方だったりというのが、先代と似ている気がして、すごく心地良かったです。もっとお話を聞きたかったです。

お父さんとお姉さんとも一緒に写真を撮りたかったけど、オレとしたことが忘れてしまいました(笑)

でも本当にみなさん気さくで、楽しくて、心地良かったな〜!

ほんまに おおきに!(関西弁風(笑))