ペルーの文化を愛する窓屋の社長 高橋俊生

千葉県の習志野でお家やビルの窓を販売しています。(MADOショップ 習志野マラソン道路店) 住みやすいお家作りには窓選びも重要です。窓に関する事、趣味のことを書いていきます。(野球、高校サッカー、ペルー文化、トレーニング)

家の中で窓際にいて寒さを感じたりすることってありませんか?

こんばんは!

千葉県習志野市のサッシ屋 総和の高橋です!

 

 

基本的に毎日、黒板を書いているのですが、たまには仕事のことを書いてもいいかなと思って、シンプルにウチの会社は窓と玄関を扱っているんですよということを書きました。黒板をみてくれる人はすごく多いのですが、果たして、ウチの会社が何をやっているのかわかってくれているのかなと思ったので、シンプルに書いてみました。たまには、こんなことも書いてみようかなと(笑)

家の中で窓際にいて寒さを感じたことってありませんか?

何度も書いているので、ご存知かとは思いますが、ボクはなかりの冷え性です。だから、自宅にいても寒さに対して、かなりのストレスを感じています。基本的に、寝る時以外はリビングにいます。リビングはエアコンで温めているのですが、足元は寒くて、上の方だけ暖かくなるのですが、これは、窓の断熱性能が悪いことによって起こる現象です。窓とガラス面の表面温度が低くなりますが、それによって、人の体の熱を奪ってしまうのです。別の言い方をすると、人の体の熱が寒い窓に向けて移動してしまうのです。だから、寒さをすごく感じて、不快に感じるのです。

外皮の中で一番、窓が熱の出入りが大きい部位ですので、断熱性能の低い窓というのは部屋の快適性に大きく関係してきます。なので、まず、優先すべきは窓なんです。ウチも寝室には樹脂製内窓をつけていますが、外気温にもよりますが、閉めている時と開けている時とでは、約8度ぐらい違います。

 

f:id:tscristal23:20180111091426j:plain

オレンジは温かいのを、青は冷えていることを意味します。

そんなことで、この寒い冬に樹脂製内窓をつけてみてはいかがでしょうか?工事も比較的簡単で、一般的な施工であれば、1窓につき1時間もあれば終わります。

樹脂製内窓の戸を開けると外窓の内側が冷えているのがわかると思います。閉めている状態だと、右のオレンジ色で温かいのがわかると思います。これだけ違うのです。

ぜひ、ご検討ください!!!

 

最後は宣伝になってしまいました(笑)