ペルーの文化を愛する窓屋の社長 高橋俊生

千葉県の習志野でお家やビルの窓を販売しています。(MADOショップ 習志野マラソン道路店) 住みやすいお家作りには窓選びも重要です。窓に関する事、趣味のことを書いていきます。(野球、高校サッカー、ペルー文化、トレーニング)

『ホームセンターより安くできる?』と言われたら、どうするか?

こんばんは!

千葉県習志野市のサッシや総和の高橋です。

 

最近は一般ユーザーの方からも問い合わせを受けることが増えています。それ自体はすごく嬉しいことだし、ありがたいことだと感じています。

 

私たちが扱う窓を中心とした商材は、最近では、ホームセンターでも購入することができます。弊社の近くにもホームセンターがありますので、実際に行って見て、金額などの情報を得て、それを元に、お問い合わせをいただいたり、実際にご来店されるケースがあります。

 

『あそこのホームセンターでこの金額だけど、それより安くできる?』と言われることがあります。

 

では、その場合はどうするのか?もう最初から金額ありきの話であれば、お断りするようにしています。こちらが金額を下げてまで、そのお仕事を受注したいとは思わないからです。ただ、金額だけ比較してくる方に限って、トラブルになることが多いです。

 

以前、仲の良い大阪のサッシやさんと話をしているときに、ハッとしたことがありました。それは、もしその仕事をやらさせてもらえるのであれば、『俺が行くから。でも、ホームセンターの場合、誰が来るかわからないよね?』そう自信を持って言っているそうです。俺が行くからと言う言葉の中には、技術には絶対に自信を持っているということも含まれていることは言うまでもありません。

 

この『誰が行くか?誰が工事をするのか?』ってものすごく大事ですよね。やっぱり、知らない人を自分の家に迎い入れるってすごくストレスだと思うからこそ、『ウチに依頼してもらえれば、顔がわかって、その工事を頻繁にやっていて、しっかりとした技術を持っている職人を行かせます』と自信を持って伝えることも大切なんじゃないかなって。それでも、金額を選択するのであれば、やらなくて良いと思うんですよね。

 

最近の出来事で感じたのはそんなことでした。

 

ikuno-tatsumi.madoshop.jp

 

▼大阪のサッシ屋さんはこの方です!笑 懐かしいなぁ〜!笑

f:id:tscristal23:20200122003342p:image