読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルーの文化を愛する窓屋の社長 高橋俊生

千葉県の習志野でお家やビルの窓を販売しています。(MADOショップ 習志野マラソン道路店) 住みやすいお家作りには窓選びも重要です。窓に関する事、趣味のことを書いていきます。(野球、高校サッカー、ペルー文化、トレーニング)

マンションの窓の改修工事をお考えの際、管理組合への確認が必要です。

窓・サッシがもたらすこと

こんばんは〜!
ペルーの文化を愛する窓屋の社長、高橋です。

今日はマンションにお住まいの方へ、マンションの窓の改修工事をお考えの際、注意してほしいことをお伝えします。

マンションの窓や玄関ドアは専有部ではなく、共用部になります。 

分譲マンションで購入したとしても、窓や玄関ドアなんかというのは専有部ではなく、共用部になります。

f:id:mika-shimosawa:20170130164400p:plain

つまり、マンションを買ったけど、窓や玄関ドアっていうのは自分のものではないということです。
え〜っ!って、思うかもしれないんですけど、実際にそうなんです。

なので、個人で勝手に窓や玄関ドアを変えたりするってことはできないんです。

マンション自体が古くなった場合、マンションの管理組合での大規模改修で窓改修することはできます。

窓改修工事を依頼する前に、マンションの管理組合に改修していいかどうかを確認してみてください。

但し、ここ最近、古いマンションでは個々で窓改修してもいいですよっていう風になっている管理組合もあります。
窓の改修をお考えの際は、お住いのマンションの管理組合に確認してみるといいですよ。

f:id:mika-shimosawa:20170130164444p:plain

古い窓は二重サッシになっていないとか、換気装置がついていないとか機能性も変わってきます。
快適な暮らし空間にするために窓の機能を一度見直してみてくださいね。