読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルーの文化を愛する窓屋の社長 高橋俊生

千葉県の習志野でお家やビルの窓を販売しています。(MADOショップ 習志野マラソン道路店) 住みやすいお家作りには窓選びも重要です。窓に関する事、趣味のことを書いていきます。(野球、高校サッカー、ペルー文化、トレーニング)

やっぱり誰と仕事をするかが大切なんだろうな〜!

おはようございます!

千葉県習志野市のサッシや総和の高橋です。

 

先日、戸建住宅でトップライト(簡単にいうとガラス屋根っていう感じ)の改修工事をやったんですけど、現地調査の時からどうやってやろうかということを何度も打ち合わせしたんです。

f:id:tscristal23:20170405202924j:image

そんなことから施工もおそらく大変だろうなって思ってましたが、僕が良く知っている職人さん達が力を発揮してくれました。そんなことを書いて見ました。

施工前はかなり不安要素があった現場でした!

さっきも言いましたが、現地調査の時からそうしたら簡単にできるか、どうしたらキレイにできるかということをかなり考えさせられた現場です。今夏にの現場は設計屋さんからの仕事でしたので、基本的にこちらで考えたことを設計屋さんに確認していくという流れでした。で、こちらとしてはいかに簡単に、キレイに、なるべくコストをかけずにということを基本に考えていたんですけど、設計屋さんにこちらの意見がなかなか理解してもらえず、ちょっとイラっときたこともありました(笑)最終的にはこちらの考えもわかってくれて、じゃあ、製品を手配しようかってなったんですが、それでも今回はうまく納まるかが不安でした(笑)

今までも何現場も一緒にやっている職人さんはやっぱり頼りになる!

いざ、工事の当日、立会いをするのに電車で行ったんですけど、そんな不安を抱えながらでしたから、少し憂鬱でした(笑)で、実際に現場に到着して職人さん達と簡単に打ち合わせをしてから作業に入ったんですけど、僕が思っていた以上にスムーズに現場は進みました。今回、この現場にはいつも僕の現場をやってくてれている職員さん達が入ってくれたので、そういう意味ではすごく心強かったんです。少し心配な現場ほど、そんなお互いの意思疎通がうまくいく職人さん達と仕事をしたいっていうのがあるので、この現場に来てくれた職人さん達はベリーグッドでした(笑)本当に頼りになるな〜って。

これからどんな仕事でも誰と仕事をするかが大事かなって思う!

今回、思ったのは、やっぱり、どんな仕事をするにしても誰と仕事をするかがものすごく大事になってくるかなって思います。

少し言い換えると、例えば、みんなが美味しいっていうパンケーキが食べられるお店があるとします。そこに行けば当然、美味しいパンケーキは食べられるけど、それ以上に誰と食べにいくかによってもっと楽しく美味しいおあんケーキが食べられると思うんです。仕事でもそうで同じ仕事をするにしても、結果は同じかもしれないけど、その誰とっていう部分が大事かなって思うし、それを大切にしていきたいですね。やっぱり、そんな人たちと仕事をしていた方が楽しいから。今回、その現場をやっていて感じたことはそんなことでした。

あっ、でも、この現場で途中足りないものが発生して、そのことばかりが気になって、途中、心ここにあらずって感じになっていたことはナイショです(笑)

f:id:tscristal23:20170406060458j:imagef:id:tscristal23:20170406060458j:image

 誰と食べる、誰と一緒に仕事をするってことを大切にしていきたいですね! 

それでは、また〜!