読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペルーの文化を愛する窓屋の社長 高橋俊生

千葉県の習志野でお家やビルの窓を販売しています。(MADOショップ 習志野マラソン道路店) 住みやすいお家作りには窓選びも重要です。窓に関する事、趣味のことを書いていきます。(野球、高校サッカー、ペルー文化、トレーニング)

昭和60年の高校野球は僕にとってすごく印象深いんです-残念だった東の横綱銚子商業-

おはようございます!

千葉県習志野市のサッシや総和の高橋です!

 

先日、昭和60年夏の甲子園決勝PL学園宇部商業のドキュメンタリー番組がやっていたんので、高校野球好きな自分としては当然見ていました。この昭和60年は僕にとってはすごく印象深いんです。そんなことを書いて見ました。

圧倒的な力で千葉県を制した銚子商業が東の横綱として甲子園へ!

この昭和60年は千葉県は戦前の下馬評で春の選抜に出場していたこれまた大型チームの東海大浦安、春の千葉県大会を圧倒的な力で制した銚子商業が甲子園の最右翼だろうと言われていました。僕は久しぶりに銚子商業に甲子園に行って欲しいなって思っていました。どうしてかといえば、この年の銚子商業は右の本格派片平投手に黒潮打線と言われた超強力打線で間違いなく、全国制覇もできるだけの戦力だと思っていたので、すごく期待していました。

f:id:tscristal23:20170408062920j:image

結局、千葉県大会も接戦は1試合もなく本当に圧倒的な力で千葉県を制しました。千葉県大会のチーム打率が489という驚異的な数字だったのを覚えています。で、甲子園へ乗り込むんですけど、下馬評では東の横綱銚子商業で、西の横綱がKKコンビのPL学園ということで、ぜひ、決勝でPL学園とやって欲しいなって。

いよいよ組み合わせ抽選です。そうしたら山口県宇部商業に決定。あ〜やだなって一瞬思いましたね。宇部商業は春の選抜にも出ていて2回戦でPL学園とやって敗れはしましたけど、すごくいい試合をしていたので強いなっていう印象がありました。

で、試合当日は雨。もちろんどちらも同じ条件なんで言いわけはできないけど、明らかに銚子商業のエース片平は雨の影響で制球定まらずに甘く行ったところを宇部商業の強力打線に痛打され、自慢の黒潮打線も宇部商業のエース田上に沈黙。東の横綱として臨んだ9年ぶりの甲子園で銚子商業史上初めての初戦敗退。

すご〜く期待していただけに、ショックもショック。寝込むんじゃないかなって思うくらいショックでしたね。名将斎藤監督にとっても結局、最後の甲子園になってしまった。

それでも歴代千葉県代表で一番強いチームは?と聞かれれば昭和60年の銚子商業と答えます!

物心ついた中で、自分自身は未だに千葉県代表で甲子園に出場したチームで一番強いチームはって聞かれれば、この昭和60年の銚子商業と答えますね。それくらい魅力的で強いチームだった、だからこそ、全国制覇をして欲しかったなって今でもそう思う気持ちは強いです。

最近は銚子商業も私学に押さ気味で、また地元の優秀な中学生は県内の強豪校や県外の強豪校に流出してしまうんですよね。残念ながら。いつの日か強い銚子商業が復活することを強く願ってますよ〜。習志野高校の最大のライバルはやっぱり銚子商業でいて欲しいです。

ガンバレ、CHOSHO !

先日、テレビを見ていて感じたことはそんなことです。

それでは、また〜!